第8回日本心臓弁膜症学会ご挨拶

このたび第8回日本心臓弁膜症学会を開催させていただくことになりました。
会期は2017年11月24日(金)、25日(土)の2日間で、会場は東京駅隣接のステーションコンファレンス東京です。

今回のテーマは “Debate and Harmony” と致しました。
近年、治療法の多様化に伴い内科と外科とのへだたりがなくなりつつあり、ハートチームがますます重要になってきています。心臓弁膜症の分野で活躍されている内科医と外科医、コメディカルの皆さんが、一堂に会し、活発な討論を繰り広げ、弁膜症に関するより適切な診断と治療法を検討する場を提供いたしたいと考えております。

それぞれのトピックに対し、その分野でのトップランナーの方に発表をお願いするとともに十分な討論時間をとることを考えております。また、海外からは数名の新進気鋭の医師を招請し、話題性に富んだ最先端の知識に触れる場を提供いたします。最先端の治療はもとより、日常の診療で実際に判断に迷うことを多く取り上げ、いくつかのトピックにはDebateを行ないたいと思います。一般演題はポスターが中心になりますが、評価の高い数題に関しては一堂に会した場で発表していただくことをも考えております。

実り多い会となりますよう医局員一同目下鋭意準備を進めておりますので、多くの方々からの演題応募、また学会へのご参加をお待ちしております。

メニュー